核先制不使用宣言

農と島のありんくりんさんのブログです

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/610475/515571/87853066

引用

あまり知られていませんが、北朝鮮は実は、「核先制不使用宣言」なるものをすでにしています。
北朝鮮の言うことに耳を傾けてみましょう。2016年5月、第7回朝鮮労働党大会における金正恩の宣言です。

「わが国は責任ある核保有国として、侵略的な敵対勢力が核兵器でわれわれの自主権を侵害しないかぎり(略)こちらから核兵器を使用することはしない。
国際社会の前で負う核拡散防止条約の義務を誠実に履行し、世界の非核化を実現するために努力する」(磯崎教仁共著『北朝鮮入門』2017年)

正恩が考えているストーリーはこうです。
①核弾道ミサイルを、米国に着弾するまで伸ばす。
②対米核抑止力を得たと宣言する。
③印パのように国際社会、なかでも米国に「核保有国」だと認めさせる。
④核保有国同士として米国と対等な交渉テーブルに着く。
現在、この①の最終段階にあります。
おそらく、年内にあと数回のICBM実験を行い、核実験も実施するでしょう。
そして②の「対米核抑止力を獲得したぞ」と、高らかに宣言するでしょう。

これは韓国はおろか、日本の頭越しの「和解」です。
日本を標的にしたIRBMの削減は求めない以上、ハッキリいえば、日本に対する裏切り行為といっていいでしょう。
このようなプランにトランプが乗った場合は、日米同盟は形だけは残るでしょうが、日本は米国に対して根深い不信を持つことになるでしょう。
そして日米同盟は、中露朝の歓声に包まれながら、もろくも瓦解していくことになります。
そして日本国内には、いままで机上の空論の域を出なかった独自核武装が、現実味を帯びて台頭します。
これが、今ある北朝鮮をめぐる最悪シナリオです。

引用以上

私は「持たず」「作らず」「持ち込ませず」の非核三原則を支持します。ただし、それに「借りる」「管理する」「使う」を加えることを提案します。さらに、「核先制不使用宣言」すべきだと考えます。米国に限らず連合国(国連とも言う)相手に2発分は無条件に打てると思います。

広告