https://kidokazu2.wordpress.com/2017/02/28/%e4%bd%99%e5%91%bd2017225%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%882/

広告

余命2017/2/25アラカルト2

余命三年時事日記さんのブログです

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/02/25/1559-2017225%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%ef%bc%92/ 

引用

.....外患誘致罪で告発されている香山リカ、師岡康子弁護士の参加と聞いただけですべてがわかる。蓮舫、上瀧、辛淑玉、福島、辻元....。

.....安倍総理は在日や反日勢力に対して硬軟二択の場合には常に厳しい方の選択をしてきた。そして時間をかけて確実にステップを踏んできた。ほとんど乗っ取られ状態の日本を取り戻すとして、数々の法改正と新法を整備して、韓国を混乱させ、在日との離間を謀り、各種カードを集めてきた。

その中でも帰化人カードは最大級のインパクトのあるものである。現在、各省庁におけるあぶり出しが進んでいるが、法務省では入管や人権擁護局のような在日や帰化人がまず最初に乗っ取りを謀った部署が標的となっている。

具体例としては「№54神奈川新聞多文化共生問題」にあるように法務省の人権擁護局の人事ありようにも踏み込んでいる。その告発の影響ではないと思うが、第四次告発目前になって人権擁護局がポスターの改変を否定するメッセージを出した。 

.....有事という状況はそういうことである。日韓断交一歩手前まで来ているにもかかわらず、東京地検の認識はお花畑(実際は非常時だと思うが)である。

しかし、常識として、少なくとも日韓関係においては今や外患罪が適用される水準まで事態は悪化していると判断するべきであろう。3月10日~13日あたりに韓国大統領の弾劾裁判の結果が出るようであるが、どっちに転んでも韓国の混乱は収まらない。

万が一、韓国次期大統領が日韓断交という日本にとって最高のシナリオを書いた場合、一瞬にして在日朝鮮人から反日左翼まで駆逐されるであろうことは歴史が証明している。

間違っても韓国次期大統領が国交断絶という選択をすることはあり得ないが、名誉ある撤退は望めそうもないので、可能性がないわけではない。期待しよう。

引用以上

    日韓断交の可能性は微レ存ですね。たとえ次期大統領が日本との関係修復を模索したとしても、こちらから近づく必要は有りません。帰化無効で便衣兵として処刑される危険性を持っている方々は早く母国に帰る事をお勧めします。

余命2017/2/25アラカルト ( その他政界と政治活動 ) – 憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生! – Yahoo!ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/kidokazu4/68419508.html