注目

最初のブログ投稿

これは投稿の抜粋です。

広告

これは最初の投稿です。編集リンクをクリックして内容の変更や削除を行うか、新しい投稿を追加しましょう。この投稿内で、なぜブログを始めたのか、どんなことについてブログを書いていくのか、といったことを読者に伝えるのもよいでしょう。

post

余命総がかり行動実行委員会リスト③

余命三年時事日記さんのブログです

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/13/1738-%e7%b7%8f%e3%81%8c%e3%81%8b%e3%82%8a%e8%a1%8c%e5%8b%95%e5%ae%9f%e8%a1%8c%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e2%91%a2/

余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

余命総かがり行動実行委員会リスト②

余命三年時事日記さんのブログです

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/13/1737-%e7%b7%8f%e3%81%8c%e3%81%8b%e3%82%8a%e8%a1%8c%e5%8b%95%e5%ae%9f%e8%a1%8c%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a%e2%91%a1/

余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

余命総かがり行動実行委員会リスト①

余命三年時事日記さんのブログです

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/13/1736-%e7%b7%8f%e3%81%8c%e3%81%8b%e3%82%8a%e8%a1%8c%e5%8b%95%e5%ae%9f%e8%a1%8c%e5%a7%94%e5%93%a1%e4%bc%9a%e2%91%a0/

引用

総がかり行動実行委員会賛同者一覧①

先般取り上げた6000人有事リストには7割ほど登録されていると本日連絡があった。

まあ旗幟鮮明は堂々としている。敵味方の識別が省けるのはお互いに結構なことである。

対朝鮮有事には反日、反安倍ははっきりとした敵勢力であるから殲滅対象となる。

外患罪告発が進み共謀罪が施行されたので、いよいよだね。

ファイルは多いので3つに分けた。

引用以上

拡散希望します。

余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

核先制不使用宣言

農と島のありんくりんさんのブログです

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/610475/515571/87853066

引用

あまり知られていませんが、北朝鮮は実は、「核先制不使用宣言」なるものをすでにしています。
北朝鮮の言うことに耳を傾けてみましょう。2016年5月、第7回朝鮮労働党大会における金正恩の宣言です。

「わが国は責任ある核保有国として、侵略的な敵対勢力が核兵器でわれわれの自主権を侵害しないかぎり(略)こちらから核兵器を使用することはしない。
国際社会の前で負う核拡散防止条約の義務を誠実に履行し、世界の非核化を実現するために努力する」(磯崎教仁共著『北朝鮮入門』2017年)

正恩が考えているストーリーはこうです。
①核弾道ミサイルを、米国に着弾するまで伸ばす。
②対米核抑止力を得たと宣言する。
③印パのように国際社会、なかでも米国に「核保有国」だと認めさせる。
④核保有国同士として米国と対等な交渉テーブルに着く。
現在、この①の最終段階にあります。
おそらく、年内にあと数回のICBM実験を行い、核実験も実施するでしょう。
そして②の「対米核抑止力を獲得したぞ」と、高らかに宣言するでしょう。

これは韓国はおろか、日本の頭越しの「和解」です。
日本を標的にしたIRBMの削減は求めない以上、ハッキリいえば、日本に対する裏切り行為といっていいでしょう。
このようなプランにトランプが乗った場合は、日米同盟は形だけは残るでしょうが、日本は米国に対して根深い不信を持つことになるでしょう。
そして日米同盟は、中露朝の歓声に包まれながら、もろくも瓦解していくことになります。
そして日本国内には、いままで机上の空論の域を出なかった独自核武装が、現実味を帯びて台頭します。
これが、今ある北朝鮮をめぐる最悪シナリオです。

引用以上

私は「持たず」「作らず」「持ち込ませず」の非核三原則を支持します。ただし、それに「借りる」「管理する」「使う」を加えることを提案します。さらに、「核先制不使用宣言」すべきだと考えます。米国に限らず連合国(国連とも言う)相手に2発分は無条件に打てると思います。

胃潰瘍が完治しました。笑。

狼魔人日記さんのブログです

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/639376793aea5815e00d798c2ea418bd

引用

購読紙を県紙から八重山日報に切り替えたという男性がこう発言した。

 「ドクターから胃潰瘍を手術しないといけないといわれたが、県紙の購読を止めると3カ月で完治した」

引用以上

*あくまでも体験者の意見であり、全ての人に効果がある訳ではありません。

さて、沖縄二紙を読んだから胃潰瘍に成ったのでしょうか?そこまでの破壊力があるとは思いません。ともかく、完治おめでとうございます。

沖縄の自衛隊基地誘致に反対する革新勢力

琉球弧の軍事基地化に反対する〜さんのブログです

http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/

引用

一方、自衛隊が配備されると石垣市の各種選挙も革新側は不利にかなることが今回の選挙でほぼ証明された。500~600人の隊員票に家族を加えて1000票以上の自衛隊票は保守側に有利になり、配備後自衛隊が2000~3000人に増強されると、革新側は与那国同様、市長選に候補者を擁立できない恐れも出てくる。政治の多様性を確保する上からも自衛隊配備問題は石垣市にとって大きな分岐点となる。

この票が、配備に反対した革新側に流れる可能性は皆無だろう。これまで拮抗(きっこう)していた保革のバランスが大きく崩れ、革新陣営が今選挙で擁立を断念した理由の一つもそこにある。革新支持層には「もう革新はなくなってしまうのか」「意見を反映できなくなるのか」と無力感が漂う。

これに対して、こんな提案がある。「現役の自衛官は、本籍地で投票するようにできないか。これは職業差別ではなく、公正さを保つためである」。

隊員は、国策で配属された特別職の国家公務員。自衛隊に限らず、これだけ大規模な移動があると、選挙の結果に大きな影響を与えるのは必至。数年で転勤するのに、町長選のような島の将来を左右する重大な案件にかかわってくるのだ。

引用以上

まさしく、自衛隊員に対する職業差別ですね。基本的権利である投票権すら規制する訳です。それに、自衛隊員イコール保守派と言うのも偏見だと思います。元自衛隊員でも共産党支持者は存在する事実を無視しています。
以下、自衛隊基地に反対するビラです。